<< 君はそれでいいと思ってるの? / main / ピーターパンにはなれないわ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |

覚えてますか

……久々に書くのが拾ったバトン、って…(けふん)
それも、答えるの、私じゃない、し。
…はいはい、答えたかったのね。

というわけで、追記で「設定で語るバトン」、ね。
【銀誓館学園、設定で語るバトン】

※このバトンはステータスシートに沿った設定を語るモノです。
ステータスシートの事実を捻じ曲げずにPL視点で語ってください。

1、本業、ジョブについての設定と、思い入れは?

一時期エアライダーになったけど、今は初期と同じ符術×魔弾。
とりあえず陰陽師の家系というのに惹かれたのが原因で、
魔弾はインスピレーションかなあ…。
いや、多分当時の自分は陰陽道と魔法の掛け合いに何かしら感じて。(…)
あと言うなれば、儚い子が理想だったという。

まあ生まれが生まれなので本業はこれからも変える予定は無いというか
まだ変えれる状況ではないですね。
彼女の心理的変化によっては何か踏み切るかもしれませんが、所詮予定は未定ですから。

2、目と髪の色、スタイルの設定は?設定した理由は?

髪:藍 瞳:銀 スタイル:繊細

ほら儚い子にしたいという願望が現れている!
華奢な子って憧れますよねー。

髪と瞳は逆にしようか一瞬迷ったんですが、それはありきたりでやめました。
それと夜を連想できる子にしたくて、漆黒はベタだから却下して結果こんな感じで。
最初から暖色のイメージはなかったのですよ。
しかし吃驚、この色でBU検索してもあんまりいないのね!

3、誕生日は何故その日にした?

え、私のをそのまm(ざー)
特に理由はありません!(言い切った!)

4、普段の口調と、シチュエーションによる口調の設定は?

抑えている口調と、嘘を吐くときに垣間見える過去の口調。

彼女は自分の言葉で何か起きてしまわないように考えてから喋るので
感情も抑えがちなんですが、いかんせん元来の性格で嘘はわかりやすくて。
でもばれないように喋るもんだから余計ばれるっていう(笑)

ちなみに知ってる人は知ってる通り、彼女は語尾を強調する話し方です。
言葉を考えながら話していると、つなげようとしてつながらなかったりということが
案外あるようで、自己完結みたいな感じになるんでしょうね。

5、パラメーターについての自PC的な解説を、上から順にどうぞ。

理性 □■◇□□ 感情
  少しだけ世界を見るようになりました。
  というか、前より更に落ち着いてきたというか。
  どうも感情を顕わにはしたくない様子。

狡猾 □□◇■□ 純真
  美しいものとそうでないものがなんとなくわかるようになったからこその変化。
  綺麗なものを綺麗と言える人になりたい、そんな心情。

秩序 □□■□□ 自由
  どっちも大切というのは知っているけれど、
  その価値をほとんど理解していない感じ。

作戦 □■□□□ 戦闘
  戦いのは嫌いだけれど、そうしなきゃ守れないものがある。

学業 □□■□□ 恋愛
  どっちもさして興味がない。(待って女子高生)

6、生まれはどういう設定?どうやって決めた?

「古より陰陽道の技を伝える家系の、正統なる後継者として生まれ、
 一族で初めて能力者となった」

これはフィーリングというか、見てコレがあってると思ったものでした。
あとは普段、他人とあまり接点が無い子にしたかった。

7、入学理由はどういう設定?

「能力者連続殺人事件の標的になった所を保護され、転校してきた」

トラウマの原因としてはピッタリな。生まれとも私の頭の中では一致したので
これがいいんじゃないっていう一部のノリまじりで。(…)

8、愛用している武器は?その設定は?

まだない。(´-`*)←

一応今考えているのでは、術手袋は絶対なんですけども。
絵的に追加したいのは銀の短剣なんですが、
なんと宝剣は設定が長剣なのでどうしようかなあ、と。
まあIGC描いていただくときになったら両方描いてもらう気は満々で!
彼女の性格上、シンプルなものになると思います。

9、一般技能についての逸話をどうぞ。

習い事(芸能系) お願い 文学の才能

初期はお願いが違う奴で、確か「習い事(音楽系)」とかそんな感じで、
お願いは絶対無いだろうとか思ってたんですけども…。
……なぜか彼女は目で訴えるそうです(笑)
「お茶のおかわり欲しいなあ」とか思うと空のティーカップ見つめたりで、
そういうのを周りの人が感じ取ってくれるという素敵な状況。

芸能系の習い事は、意外性を狙って。
彼女のルックスならきっとスカウトもかかるんだろうなあという(’’*)
でもいくら仕事でも笑わないのがなんともいえません。
嘘吐けないから、故意に笑うのも出来ないという。

才能はもう、才能だよね!(…)
実家で暇なときは読書でもしていたのではないかしら。
祖母のせいで家にTVはなかったですし、はい。あとは話すくらいしかやることがなくて。

10、最後に、次に回す5人を挙げて下さい。

え、じゃあ地雷ということで(待って勝手に)
とりあえずこれで私の計画性の無さがよくわかったと思います!(黙って)

バトン | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | 14:32 | - | - |

edit

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lune-nuit.jugem.jp/trackback/57

Trackback